NECは7月1日、自宅のサーバーPC(デスクトップPC)を遠隔操作できる「PCリモーター」機能を搭載した10.1型ワイド液晶のミニノートPC「BR330/TA」と、搭載することでデスクトップPCをサーバーPCとして利用できる「PCリモーターサーバボード」2機種を7月上旬に発売すると発表した。価格はすべてオープン。

BR330/TA

 「BR330/TA」は、インターネット環境さえあれば、同社のデスクトップPC「VALUESTAR R Lui」シリーズなど、「PCリモーターサーバボード」を搭載した自宅のデスクトップPCを遠隔操作して、環境をそのまま利用できる「PCリモーター」ソフトをプリインストールするミニノートPC。

 サーバー側と「BR330/TA」側のアプリケーションを同時に利用でき、Webサイト閲覧など軽い作業はミニノートPCで、動画編集など重たい作業はサーバーPCで行うといったような使い分けができる。

「BR330/TA」のデスクトップ上にサーバーPCのデスクトップ画面を表示

 サーバPCとの通信は、独自のVPN(暗号化通信)技術「セーフコネクト」で行うので安全性も確保されている。また、遠隔操作でサーバーPCの電源を入れることができるので、常時起動しておく必要がない。複数のサーバーPCを登録することも可能。

 表示モードは、高解像度なサーバーPCの画面を圧縮して表示し、解像度が小さいミニノートPCでも多くの情報を表示できる「フル」、サーバーPCのアスペクト比を崩さずに表示する「ノーマル」、サーバーPCの1画素をミニノートPCの1画素として表示する「1:1」から選択できる。

 インターフェイス面では、「リモートスクリーン」「リモートデスクトップ」「共有フォルダにアクセス」など、色々なリモーター機能にすぐアクセスできるメニュー画面を用意する。

各種リモーター機能にすぐアクセスできるメニュー画面

 ミニノートPCとしての主な仕様は、1024×600ドットの10.1型ワイド液晶、CPUはAtom N280(1.66GHz)、1GBメモリ、約160GBのHDDを搭載。OSはWindows XP Home Edition(SP3)を採用する。バッテリー駆動時間は約8.5時間。無線LANはIEE802.11b/g/n(Draft 2.0)に対応する。カラーはアーバンメタルシルバー。実勢価格は6万8000円前後の見込み。

 また、搭載することで、デスクトップPCをサーバーPCとして利用できるようになる「PCリモーターサーバボード」を単体商品化。PCの映像・音声出力をまるごと圧縮して、リアルタイムでリモーターPCに転送する。

「LU-AC-RB003」と「LU-AC-RB004」

 対応するマシンは、OSがWindows Vista Home Premium/Ultimate/Business、Windows XP Professional/Home Edition、インテルまたはAMDのCPUを搭載し、、グラフィックボードはGeForce 8000/9000/GTX200各シリーズ以降や、AMDのATI Radeon HD 2000/HD 3000/HD 4000各シリーズ以降などを採用するデスクトップPC。

 ラインアップは、標準サイズの「LU-AC-RB003」、小型なロープロファイルの「LU-AC-RB004」の2機種で、実勢価格はともに4万円前後の見込み。