マイクロソフトは6月26日、次期OS「Windows 7」のパッケージ版のエディションと参考価格を発表した。あわせて、現行OSを使用している一般ユーザーの「Windows 7」への移行を促すため、PCメーカーと連携して「Windows 7 優待アップグレード」キャンペーンを開始する。

「Windows 7」のパッケージ版のエディションと参考価格を発表

 「Windows 7」のパッケージ版のエディションは、最上位の「Windows 7 Ultimate」、仕事や家庭での使用に適した「同 Professional」、ホームユース向け「同 Home Premium」の3つ構成。参考価格は「同 Ultimate」のアップグレード版が2万6800円、通常版が3万8800円。「同 Professional」は同2万5800円、同3万7800円。「同 Home Premium」が同1万5800円、同2万4800円としている。価格はすべてオープンとなる。なお、同社によると「Windows 7」の日本での発売日は7月7日に決定するという。

 あわせて開始した「Windows 7 優待アップグレード」キャンペーンは、現行OSのパッケージ製品や、各メーカーの対象PCを購入すると、「Vista Ultimate」は「7 Ultimate」へ、「Vista Bisiness」は「7 Professional」へ、「Vista Home Premium」は「同 7 Home Premium」にアップグレードできる優待版を入手できるというもの。なお「Windows Vista Home Basic」と「同 XP」は対象外となる。

堂山昌司・代表執行役副社長

 対象製品を購入し、マイクロソフトのキャンペーンサイトに登録すると、「Windows 7」発売後にアップグレード版が届く仕組みになっている。堂山昌司・代表執行役副社長は、今回のキャンペーンについて「Vistaから7に移行する大きな1歩」と語り、一般消費者に本格的に次期OSを訴求するものであるという位置づけを示した。

藤本恭史・コンシューマWindows本部本部長

 対象期間は、6月26日から「Windows 7」発売前日までで、「Windows Vista」を搭載したPCを「今買っても安心」(藤本恭史・コンシューマー&オンラインマーケティング統括本部コンシューマWindows本部本部長)であることを訴える。キャンペーンを実施するメーカーは、NEC、東芝、富士通、ソニー、デル、日本ヒューレット・パッカード、レノボ・ジャパン、ASUS、acerなど計17社。

 そのほか、6月26日から7月5日までの10日間、同社直販サイトのほか、アマゾン、イーベスト、エディオン・イードットコム、ケーズデンキオンラインショップ、Joshin Webなど計17のオンラインストア限定で、「Windows 7 Home Premium アップグレード版」を7777円、「同 7 Professional アップグレード版」を1万4777円で先行予約できる「Windows ありがとう」キャンペーンを行う。

 同キャンペーンは、「RC版などを通じてユーザーからの声を開発にフィードバックできた。製品化に向けて順調に進行している」(藤本本部長)ことに感謝を込めて実施する「初の試み」だという。

PCメーカーと連携し「Windows 7 優待アップグレード」キャンペーンを開始した。
adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111395');