モスフードサービスは6月23日、一部店舗を除く全国のモスバーガー店舗で、100円台の「ハンバーガー」「チーズバーガー」など4商品を7月7日に発売すると発表した。

(左から)ハンバーガー、チーズバーガー

 通常のハンバーガーのパティに比べ、重さを4分の3にしたパティを使用することで品質を落とさずに低価格を実現した。同チェーンとして100円台のハンバーガーを販売するのは、1985年以来24年ぶり。

 ラインアップと価格は、「ハンバーガー」が160円、「チーズバーガー」が190円。このほか、200円台の商品として、「Wハンバーガー」を260円、「Wチーズバーガー」を290円で発売する。なお、今回の発売に合わせ、従来の「ハンバーガー」「チーズバーガー」「Wハンバーガー」「Wチーズバーガー」は販売を終了する。

 商品のボリュームごとに、上位価格帯「ボリュームゾーン」、中位価格帯「レギュラーゾーン」、下位価格帯「ライトゾーン」の3つの価格帯をそろえるモスバーガー。今回の100円台の2商品は、下位価格帯の商品として提供する。ターゲットは子ども連れの家族や女性、中高生など。