トレンドマイクロは6月22日、総合セキュリティソフト「ウイルスバスター」の最新版「ウイルスバスター2010(仮称)」の公開ベータテストを開始した。テスト期間は6月22日-7月10日。期間中、同社のWebページからベータ版を無料でダウンロードできる。対応OSはWindows Vista/XPで、次期OS「Windows 7」にも対応している。

 公開ベータテストは、製品に対する一般ユーザーからの評価を受け付け、正式版の発売に向けてのブラッシュアップを目的としたもの。ベータ版の利用は8月15日まで。なお、今回のベータ版は、トレンドマイクロのサポート対象外となる。 

 テストに参加しようとするユーザーが「ウイルスバスター2009」などのセキュリティソフトを既に利用している場合、そのセキュリティソフトを一度アンインストールした後に、ベータ版をインストールする必要がある。 

 また、公開ベータテストに参加したユーザーの中から、抽選で15名に「Nintendo DSi」、50名に「Amazonギフト券(3000円)」、200名に「Amazonギフト券(1000円)」をプレゼントする。 

 「ウイルスバスター2010(仮称)」には、金銭詐取を目的とした悪質なフィッシング詐欺や、新型インフルエンザなどの社会現象に便乗した迷惑メールといった不正プログラムの侵入を、事前に防ぐためのテクノロジーを搭載しているという。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111385');