イー・モバイルは6月18日、受信最大通信速度21Mbpsの通信規格「HSPA+」のデータ通信サービスに対応するUSB接続のデータ通信カード「D31HW」を8月上旬に発売すると発表した。初期費用は「ベーシック」契約で4万1980円、「新にねん」契約で1万7980円。

D31HW

 通信規格「HSPA+(High Speed Packet Access Plus)」を採用したデータ通信サービスに対応し、通信速度は下り最大21.6Mbps、上り最大5.8Mbps。最大16GBのmicroSDHCカードに対応するカードスロットを搭載し、カードリーダーとしても利用できる。 

 キャップレスなスライド式コネクタを採用した。カラーはブラック。対応OSはWindows Vista(32bit/64bit版)、Windows XP Professional/Home edition(SP2)以降、Mac OS X 10.4.-10.5。本体サイズは幅28×高さ12.4×奥行き76.5mm、重さ約25g。

 なお「HSPA+」のサービスは、「D31HW」発売同日から東京・名古屋・大阪および全国の主要政令指定都市から提供を開始し、09年12月末までに全国人口カバー率60%以上のエリアで提供する予定だという。

阿部基成・イー・モバイル執行役員副社長

 発表会で阿部基成・イー・モバイル執行役員副社長は、「今年の夏にはデータ通信モジュール内蔵のPCを導入、さらに2010年の9月には、通信規格『DC-HSDPA』を用いた受信最大通信速度40Mbpsを超えるサービスを提供する予定。我々はグローバルでスタンダードになる技術を、最短で日本に持ち込みたい」と、今後のサービス戦略について語った。