東芝は6月16日、液晶テレビ「REGZA(レグザ) A8000」シリーズに、40V型「40A8000」を追加し、7月1日に発売すると発表した。現在展開している19、22、26、32V型に新たに40V型を加え、ラインアップを拡充するもの。価格はオープンで、実勢価格は18万円前後の見込み。

 「40A8000」は、解像度1920×1080のフルハイビジョン(フルHD)パネルを採用し、「A8000」シリーズでは初めて動画応答性を改善する「倍速・モーションクリア」機能を搭載。通常60コマで構成される映像を毎秒120コマで再現し、動きの速いスポーツシーンやテロップなどを滑らかに映せる。

 また、高画質映像処理システム「パワー・メタブレイン」を採用したほか、視聴環境に応じて映像を自動調整する「おまかせドンピシャ高画質」機能を搭載するなど、高画質化を図った。チューナーは、地上デジタル/BS・110度CSデジタル、地上アナログを各1基搭載する。カラーはブラックのみ。 adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111384');