パナソニックは6月12日、マイクロフォーサーズ規格に準拠したマウントアダプタとして、ライカMマウント対応の「DMW-MA2M」と、ライカRマウント対応の「DMW-MA3R」を7月10日に発売すると発表した。価格はいずれもオープンで、実勢価格は「DMW-MA2M」が2万1000円前後、「DMW-MA3R」が2万3000円前後の見込み。

(左から)「DMW-MA2M」「DMW-MA3R」

 マイクロフォーサーズ規格に準拠したパナソニックのデジタル一眼カメラ「LUMIX DMC-GH1」「LUMIX DMC-G1」に、ライカ製のM/Rマウントレンズを装着できるアダプタ。いずれも使用するレンズの焦点距離は、レンズ本体表記の2倍換算となる。また、カメラのボディ側の機能として、任意部分の拡大によるMFアシストが可能。なお、ライカ製のマクロ・アダプタを介してのレンズ装着には対応していない。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111389');