カシオ計算機は6月11日、コンパクトデジタルカメラ「EXILIM(エクシリム)」の新製品として、広角24mmからの光学10倍ズームレンズを搭載した有効1210万画素のコンパクトデジタルカメラ「EXILIM Hi-ZOOM EX-H10」を7月3日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

EXILIM Hi-ZOOM EX-H10

 有効1210万画素の1/2.3型CCDと、35mmフィルムカメラ換算で約24-240mmの光学10倍ズームレンズを搭載する。回路や動作制御の省電力化とバッテリーの強化により、1回のフル充電で1000枚の撮影が可能。

 人の顔を美しく撮れる「人物メイクアップ機能」に加えて、風景を美しく撮れる「風景メイクアップ機能」を新搭載。全体的に画像の彩度を高める従来の風景撮影モードとは異なり、撮影シーンで印象に残る色を画像解析で推定して美しく引き立たせる「鮮やか風景」と、天候の影響などで霞がかかったようなシーンを晴れたように写せる「もや除去」が選べる。

 「EXILIMエンジン4.0」による高速画像処理で、「動く写真」を創ることができる独自の動画合成機能「ダイナミックフォト」が進化。撮影した動く被写体を切り抜いて、背景となる別の静止画に合成する際に、被写体の大きさを背景の画像に合わせて変えられるほか、作成した「動く写真」はカメラ内部でMotion JPEG形式の動画ファイルに変換できる。撮影した静止画をデコレーションできるハートや花束などの合成用動画も内蔵した。

 そのほか、3型モニタやCCDシフト方式の手ブレ補正機構を備える。内蔵メモリは35.7MBで、外部メモリはSD/SDHCカードに対応する。電源は専用リチウムイオン充電池。本体サイズは幅102.5×高さ62.0×厚さ24.3mm、重さ約164g。カラーはシルバーとピンクの2色。 adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111365');