KDDIと沖縄セルラーは6月10日、携帯電話の新製品として、防水対応の東芝製「T002」と、すでに発売中のソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製「W64S」の新色2色を、6月11日から順次発売すると発表した。価格はオープン。料金プラン「シンプルコース」での契約の場合、実勢価格は「T002」が4万円台前半、「W64S」が3万円前後の見込み。

T002

 「T002」は、浴室やキッチンなどの水まわりでも使用できるIPX5/7相当の防水機能を備えたモデル。また、海外でも利用できる国際ローミングサービス「グローバルパスポート」にも対応している。

 メインディスプレイは3.0型のフルワイドVGA液晶で、そのほか3.2メガのオートフォーカス機能付きカメラ、電子辞書などの機能も内蔵する。本体サイズは幅50×高さ110×厚さ16.2mmで、重さ131g。カラーはメローピンク、ファインホワイト、シェードパープルの3色。

W64Sの新色

 一方、「W64S」は、中国、シンガポール、カナダ、スペインなどを含む世界186の国と地域で通話できる国際ローミングサービス「グローバルパスポートGSM」に対応するほか、海外旅行先でも地図上の位置を確認できる海外版「EZガイドマップ」も利用できる端末。今回発売するのは、シャインゴールドとフラワーピンクの2色で、従来からのダイヤモンドピンク、ラティスブラック、ミストブルー、スノーホワイトと合わせて6色で展開する。