UQコミュニケーションズは6月8日、次世代の高速無線データ通信技術「WiMAX(IEEE 802.16e)」によるブロードバンド通信サービス「UQ WiMAX」の有料サービスを、首都圏、京阪神、名古屋の各地域で7月1日に開始すると発表した。

 「WiMAX」とは、下り最大40Mbps、上り最大10Mbpsの高速通信が可能な無線データ通信技術。同社は2月26日から「WiMAX」によるブロードバンド通信サービス「UQ WiMAX」を、東京23区と横浜市、川崎市で開始。6月末まで「お試し期間」として基本使用料、登録料とも無料で提供してきたが、今回、対応エリアを首都圏、京阪神、名古屋の各地域に広げ、有料サービスを開始する。


 基本サービスは、「完全定額プラン」で月額4480円。6月8日から同社HPで申し込みを受け付ける。また、必要な時だけ利用したいユーザー向けに、1日(24時間)単位でサービスを利用できる料金プラン「UQ 1 Day」の提供を10月1日に開始する。利用料は1日600円。


 さらに、サービスエリアや通信スピードを確認してもらうため、「UQ WiMAX」対応のデータ通信カードを15日間貸し出し、同サービスを無料で体験できる「Try WiMAX」も同時に開始。申し込みは同社HPで7月1日から受け付ける。


「UQ WiMAX」対応のデータ通信カード


 また、今回の「UQ WiMAX」サービス開始を受け、インテルの「WiMAX」内蔵Centrino 2 プロセッサー搭載PCが、7月から東芝、パナソニック、オンキョーなどから発売されるとともに、MVNO各社のサービスも順次開始される。


「WiMAX」賛同メーカーのノートパソコン


 そこで、WiMAX内蔵PCなどを購入したユーザーがWiMAXネットワークを通じて、WiMAXサービス事業者を自由に選択し、加入申し込みを簡単に行える「WiMAX統合ポータル機能」も7月1日に提供する。サービス開始時のMVNOは、UQコミュニケーションズ、ニフティ、NECビッグローブ、KDDI、ヤマダ電機、ビックカメラ、ダイワボウ情報システムの7社。


田中孝司社長


 発表会で田中孝司社長は、「『WiMAX』の第一の訴求ポイントはスピード。また、今までブロードバンドは家の中でしか使えなかったが、『WiMAX』を利用することによって、外出時のユーザーのライフスタイルがより自由になる」と、WiMAXの利点をアピールした。