マウスコンピューターは6月5日、低価格デスクトップPC「LUVMACHINES(ラヴマシーン)」シリーズから、インテル製のCPU「Core i7」を搭載した「Lm-i460S2」を、6月8日に発売すると発表した。

Lm-i460S2

 CPUにインテル Core i7-920(2.66GHz)、GPUにGeForce 9400GT、3GBメモリと500GBのHDD、DVDスーパーマルチドライブを備えたデスクトップPC。OSはWindows Vista Home Premium(SP1)の64bit版か、Windows XP Home Edition(SP3)を選択できる。価格はともに8万9880円。なお、ディスプレイは別売り。

 また、BTOに対応し、GPUはGeForce GTS250まで、CPUがCore i7-975 Extreme Editionまで選択できるほか、メモリは最大12GB、HDDは最大2TBまで増設可能。また、記憶媒体に最大160GBのSSDを選択することもできる。