プリンストンテクノロジーは5月29日、アスペクト比16:9のノングレアパネルを採用した20型ワイド液晶ディスプレイ「PTFBGF-20W」を6月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は1万9800円前後の見込み。

PTFBGF-20W

 解像度1600×900ピクセルで、アスペクト比16:9のパネルを採用。ハイビジョンコンテンツを画面いっぱいに表示することができる。また、アスペクト比を保持したまま映像を拡大可能な「アスペクト比固定拡大機能」を搭載。4:3の映像でも、比率を変える事無く拡大表示できる。また、映像シーンにあわせて自動的にバックライトを調節し、コントラストを最適なレベルに補正する「DCC(Dynamic Contrast Control)機能」を備える。

 インターフェイスは、D-SUBミニ15ピンに加え、HDCP対応のDVI-D24ピンを備え、著作権保護された地上デジタル放送などのコンテンツを再生できる。輝度は250cd/m2、応答速度は5ms。コントラスト比は通常1000:1で、「DCC機能」時は10000:1。カラーはブラック。