NTTレゾナントは5月27日、同社が運営するダイエットや健康管理を支援するコミュニティサービス「gooからだログ」が、NTTドコモが6月1日に提供を開始する「ウェルネスサポート」サービスに対応すると発表した。

 「ウェルネスサポート」サービスは、体重計や血圧計などの健康機器や、携帯電話の歩数計などで取得したバイタルデータを、NTTドコモの携帯電話を通してサーバーに一時収集し、他のサービスと連携する基盤サービス。健康増進サービスや生活習慣病の改善指導、食事指導などを行う企業・自治体の支援を目的とする。


 今回、「gooからだログ」が「ウェルネスサポート」に対応することで、ユーザーは、歩数計機能を内蔵した携帯電話で計測したデータを「gooからだログ」のマイページ上に自動的に反映することが可能になる。データは、歩数のほか、有酸素運動歩数や総歩行距離(km)、消費カロリー量(kcal)の反映が可能で、携帯電話からの記録データ入力がより簡単になる。


 利用方法は、モバイル版「gooからだログ」にログイン後、「設定」から「データ連携」を選択、「ウェルネスサポート」ページにアクセスし、専用アプリのダウンロードと「ウェルネスサポート」サービスに登録をすると利用できる。対応機種は、NTTドコモの歩数機能内蔵携帯電話で「らくらくホンV」「SH706iw」「F-01A」「F-02A」「F-03A」「F-04A」「F906i」の7機種。