オーディオテクニカは5月22日、低音域を追求したカナル型イヤホンなど3機種を6月19日に発売すると発表した。ラインアップと価格は、カナル型の上位モデル「ATH-CKS70」が8925円、同じくカナル型の「ATH-CKS50」が5040円、ネックストラップ型の「ATH-CK300NS」が3675円。

(左から)ATH-CKS70、ATH-CKS50、ATH-CK300NS

 「ATH-CKS70」は、低音域の音質を向上したカナル型イヤホン。イヤーパッドの位置は2段階の調節ができ、遮音性を高めることができる。ドライバーユニットはダイナミック型。強磁力マグネットに加え、CCAWボイスコイルを用いたダイレクトダイアフラム方式の直径12.5mmドライバーを採用し、繊細な音を表現する。ケーブルはY字型で長さは1.2m。カラーはブラック。

 「ATH-CKS50」は、「ATH-CKS70」と同じく低音域が特徴のカナル型イヤホン。イヤーパッドの位置も調節可能。ドライバーユニットはダイナミック型で、ダイレクトダイアフラム方式の直径12.5mmドライバーを搭載した。ケーブルはY字型で長さは1.2m。カラーはブラックとホワイト。

 「ATH-CK300NS」は、音量調整が行なえるコントローラー付きのネックストラップ型イヤホン。高級感のあるレザー調のケーブルを使用した。ドライバーユニットはダイナミック型で、ケーブルの長さは60cm。カラーはブラック、レッド、ホワイト。