HOYAは5月21日、「ペンタックス」ブランドのデジタル一眼レフカメラ「Kシリーズ」から、ハイアマチュア向けモデル「PENTAX K-7」を6月末に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格はボディのみが13万円前後、ズームレンズ「smc PENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL WR」を同梱するレンズキットが14万円半ばの見込み。

PENTAX K-7

 撮像素子に、23.4×15.6mmのAPS-Cサイズ相当で、有効約1460万画素のCMOSイメージセンサーを採用。4チャンネルによる画像信号の高速読み出しが可能で、最高約5.2コマ/秒の高速連写が可能。撮影時のノイズを大幅に低減し、ISOは100-3200、最大6400まで増感できる。

 撮影時の光源情報を加味して、より正確なピント合わせが可能になった、11点ワイドAFセンサー「SAFOX(サフォックス) VIII+」(中央部9点はクロスタイプ)を搭載。専用の画像処理エンジン「PRIME」を進化させた「PRIME II」を搭載。処理スピードがさらに向上し、より階調豊かな写真撮影を実現した。

 ライブビュー撮影に対応し、3.0型の液晶モニタと、ピントや構図の確認がしやすい視野率約100%、倍率約0.92倍のペンタプリズムファインダーを搭載する。また、撮影画像へのゴミの写り込みを防ぐ「Dust Removal II」機構も備える。

 さらに、動画撮影機能も備え、一眼レフならではの浅い被写界深度や、レンズ交換による表現の違いを生かした映像表現が可能。記録サイズは、1280×720ピクセルのほか、1536×1024、640×416から選択できる。フレームレートは各サイズともに30fps。また、映像出力用のHDMI端子と、外部マイクの入力端子も備える。

 本体の外装には、軽量かつ堅牢なマグネシウム合金、シャーシに剛性の高いステンレス合金を採用。さらに、77か所にシーリングを施した防塵・防滴構造や、マイナス10度まで動作する耐寒性能などを備える。

 外部メモリはSD/SDHCカードに対応。撮影可能な画像形式はRAWとJPEG。本体サイズは幅130.5×高さ96.5×奥行き72.5mm、重さ約670g。カラーはブラック。