東芝は5月20日、東京・日野市の日野工場で行っている携帯電話の製造業務を、09年10月から海外のEMS企業へ委託すると発表した。

これに伴い、日野工場をグローバル生産ヘッドクォーターとして位置づけ、生産管理業務並びに製造委託先での新機種生産の立上げ支援と修理・サービス業務を行う拠点とする。なお、開発・設計業務については引き続き日野工場で行う。


 今回の生産拠点移行は、携帯電話の国内市場規模が縮小したことに伴い、事業構造改革の一環として生産体制を見直したもの。なお、既に東芝情報機器杭州社で生産を行っているスマートフォンについては、国内向け海外向け共に引き続き同社で生産を行う。