ティアックは5月19日、独beyerdynamic製のヘッドホンとして、32オームのローインピーダンスモデル3製品と、600オームのハイインピーダンスモデル3製品の計6製品を5月26日に発売すると発表した。

「DT 990 E/32」「DT 880 E/32」「DT 770 E/32」

 繊細で伸びやかな高音からゆったりとした低音を再生するワイドレンジの「DT 990 Edition 2005」「DT 880 Edition 2005」「DT 770 Edition 2005」の新モデル。

「DT 990 E/600」「DT 880 E/600」「DT 770 E/600」

 従来モデルは出力のインピーダンス(抵抗)が250オームだったが、今回は、より低い32オームのローインピーダンスモデル「DT 990 E/32」「DT 880 E/32」「DT 770 E/32」の3製品と、より高い600オームのハイインピーダンスモデル「DT 990 E/600」「DT 880 E/600」「DT 770 E/600」の3製品をラインアップに追加する。

 32オームのローインピーダンスモデルは、iPodなど携帯オーディオとの接続に最適なモデル。パワーの小さい携帯オーディオでも音量を上げることができ、迫力のある低音を再生する。

 600オームのハイインピーダンスモデルは、業務機器やドライブ能力に余裕のあるヘッドホンアンプとの接続に適している。メリハリのある音を再生し、ノイズ影響を受けにくい。

 価格はローインピーダンスモデルのダイナミック・オープン型「DT 990 E/32」が4万4100円、ダイナミック・セミオープン型「DT 880 E/32」が3万9900円、ダイナミック・密閉型「DT 770 E/32」が3万2550円。

 ハイインピーダンスモデルのダイナミック・オープン型「DT 990 E/600」が4万6200円、ダイナミック・セミオープン型「DT 880 E/600」が4万2000円、ダイナミック・密閉型「DT 770 E/600」が3万4650円。