オーエスは5月18日、ポケットに入るプロジェクター「オプトマ ポケットプロジェクター(オプトマPK)」の新モデルとして、4GBメモリを内蔵した上位機種「PK102」を追加し、6月5日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は5万5000円前後の見込み。

 付属の動画変換ソフト「Pico Video Encorder」をPCにインストールすれば、PCに保存した画像や動画を内蔵メモリに転送できる。PCとはUSBケーブルで接続する。動画の形式はavi、画像はJPEG、BMPに対応。入力端子は、コンポジットビデオのほか、新たにPC入力にも対応、D-sub15ピンを搭載した。

 投写方式はDLP、解像度480×320画素、コントラスト比1000:1、明るさ10ルーメン。画面サイズ5-66型、投影距離は0.2-2.63m。スピーカーは0.5W×1。バッテリー駆動時間は、省電力モードで連続使用の場合2時間。本体サイズは幅51×高さ17×奥行き105mm、バッテリを含む重さは0.118kg。