東芝は5月14日、大容量512GBのSSDを搭載した12.1型ワイド液晶のノートPC「PARX2WAJL」2モデルを同社直販サイト「東芝ダイレクトPC by Shop1048」のオリジナルモデルとして発売した。

PARX2WAJL

 1つの素子あたり2ビットのデータを保存できる「多値NAND」型フラッシュメモリを採用した自社開発の「SSD」を搭載した。記憶容量は、従来機種の約4倍の512GB。新開発のコントローラにより、読み出し速度は従来機種に搭載しているSSDと比べ約2.3倍の230MB/秒、書き込み速度は約4.5倍の180MB/秒に高速化した。高速回転するディスクなどの機械構造を持たないため、耐振動性と耐衝撃性に優れている。

 主な仕様は、1280×800ドットの12.1型ワイド液晶、CPUにCore 2 Duo 超低電圧版 SU9400(1.40GHz)、3GBのメモリ、DVDスーパーマルチドライブ搭載。OSはWindows Vista Business(SP1)を採用する。バッテリー駆動時間は約12時間。本体サイズは幅283×奥行き215.8×高さ19.5-25.5mm、重さ1095g。

 ラインアップと価格は、Office Personal 2007(SP1)with Office Power Point 2007(SP1)搭載の「PARX2WAJLD10W3」が42万3000円、非搭載の「PARX2WAJLA10W3」が39万8000円。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111384');