マイクロソフトは5月11日、ゲーミングブランド「SideWinder」のレーザーマウス「UUC-00007」とスタンダードな光学式マウス「D58」の新色ブラックを5月29日から順次発売すると発表した。

左=UUC-00007 右=D58

 両製品ともに、利き手を選ばない左右対称デザインを採用している。「UUC-00007」は、ゲームに適した操作性と耐久性を兼ね備えたレーザー方式の8ボタンマウス。「SideWinder」シリーズのマウスの中では最も小型で、重量も軽い。

 読み取りセンサーの解像度を、200-2000dpiまで3つのボタンで変更することが可能。ほか5つのボタンは、ゲームやプレイスタイルに合わせて機能をカスタマイズできる。スキャン速度は7080fps。本体サイズは幅67×高さ32×奥行き118mm、重さ約134g。税別価格は3800円。カラーはシルバー。

 「D58」は、5つボタンを搭載したスタンダードな光学式マウス。2000年5月に発売したホワイトモデルに、新色ブラックを加える。ブラックモデルは、これまで企業向けに提供してきたが、一般ユーザー向けにも販売する。

 同梱ソフト「Microsoft IntelliPoint」を使って、各ボタンにさまざまな機能を割り当てることが可能。また、PS/2コネクタを同梱する。スキャン速度は6000fps、解像度は400dpi。本体サイズは幅68×高さ39×奥行き126mm、重さ約127g。税別価格は2800円。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111395');