日本サムスンは5月1日、薄さ23mmのスリムなデジタルフォトフレームとして、8型ワイド液晶の「SPF-87H」と10型ワイド液晶の「SPF-107H」を5月中旬から順次発売すると発表した。価格はともにオープン。実勢価格は「SPF-87H」が1万5800円前後、「SPF-107H」が2万4800円前後の見込み。

「SPF」シリーズ

 薄さ23mmのスリムなデザインを採用。スライドショー機能は、1枚ずつの通常表示のほか、3枚の画像を同時に表示したり、複数の画像を一度に表示したりできる。また、写真と一緒に表示可能な、時計・カレンダー機能を備える。

 そのほか、パソコンとUSB接続してミニモニタとしても使用可能。画像ファイルはもちろん、ウィジェットやWebブラウザなども表示できる。

 内蔵メモリは1GBで、約3000枚の写真を保存できる。外部メモリはSD/SDHCカードに対応する。カラーはクリスタルブラック。

 「SPF-87H」は、800×480ピクセルの8型ワイド液晶を搭載。ACアダプタのほか、USBバスパワーでも駆動する。「SPF-107H」は、1024×600ピクセルの10型ワイド液晶を搭載。電源はACアダプタのみ。