東芝は4月20日、ノートPCの09年春モデルとして、AVノートPC「Qosmio」とグラフィック性能を追求した「dynabook Qosmio」の2シリーズ5モデルを、4月下旬から順次発売すると発表した。価格はオープン。

 AVノートPC「Qosmioシリーズ」では、アスペクト比16:9の18.4型ワイド液晶搭載の「Qosmio G50」と、15.4型ワイド液晶搭載の「Qosmio F50」の2シリーズをラインアップ。いずれも4GBメモリとDVDスーパーマルチドライブを備え、OSはWindows Vista Home Premium。

Qosmio G50

 今回のモデルでは、「G50」に加え、普及価格帯モデルとしている「F50」にも画像処理専用エンジン「Spurs Engine(スパーズエンジン)」を搭載。データ量の多いハイビジョン映像の処理を専門に実行し、地上デジタル放送視聴中も他の作業が快適に行える。

 実勢価格は、CPUがCore 2 Duo T9550(2.66GHz)、GPUにNVIDIA 9600M GT、640GBのHDD、地上デジタルチューナー2基搭載の「G50/98J」が34万円前後、CPUがCore 2 Duo T8600(2.4GHz)、500GBのHDD、地上デジタルチューナー1基の「G50/96J」が26万円前後の見込み。CPUがCore 2 Duo T8600(2.4GHz)、320GBのHDD、地上デジタルチューナー1基の「F50/86J」が21万円前後の見込み。

dynabook Qosmio GX

 一方、グラフィック性能を高め、3Dゲームなどを快適にプレイできる「dynabook Qosmioシリーズ」では、18.4型ワイド液晶の「GX/G8J」と15.4型ワイド液晶の「FX/G7J」の2モデルを発表。いずれもCPUはCore 2 Duo P8600(2.4GHz)で、GPUがNVIDIA 9600M GT、4GBメモリ、400GBのHDDを搭載する。実勢価格は「GX/G8J」が24万円前後、「FX/G7J」が21万円前後の見込み。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111384');