インターネット、「がくっぽいど」をauの携帯電話向けに配信

ニュース

2009/04/09 12:57

 インターネットは4月9日、歌手Gacktさんの声をもとに合成した音声で歌うPCソフト「がくっぽいど」を携帯電話で利用できる「ケータイがくっぽいど」のサービスを、auの携帯電話向けに始めた。

 音声合成ソフト「VOCALOID」をオンラインで操作できるヤマハの「NetVOCALOID」を活用したサービス。

 「ケータイがくっぽいど」は、入力した歌詞を「がくっぽいど」がラップ調で歌う「オリジナルラップ」、5文字、7文字、5文字で入力した言葉のイントネーションを指定して読み上げる「川柳ぽいど」、名前を入力すると「○○ちゃん、電話だよ」といった着信ボイスを作成できる「名前着ボイス」などを提供する。このほか、「がくっぽいど」楽曲の着うた、着うたフル配信も行う。

 作成した楽曲や川柳は、公開することができ、非会員でも視聴できる。また、友達などにプレゼントすることも可能。料金は、月額315円と、525円の2コースを用意。315円コースではオリジナルラップ、川柳ぽいど、名前着ボイスを30回、525円コースでは50回利用できる。

オススメの記事