PCショップ「ドスパラ」を運営するサードウェーブは4月2日、最新のハイエンドグラフィックカード「GeForce GTX275」を搭載したデスクトップPC「Prime Galleria ZX GTX275 モデル」と、「Prime Galleria QX GTX275 モデル」を発売した。全国のドスパラ店舗、及びウェブ通販で販売する。

 搭載している最新のグラフィックカード「NVIDIA GeForce GTX275」は、896MBのグラフィックメモリを搭載しており、「GeForce GTX260」の上位に位置するハイエンドグラフィックカード。「NVIDIA PhysXテクノロジ」や「DirectX 10」に対応し、精密なグラフィックをフルHD解像度で映し出す。

 きょう体はタワー型の「Galleria」シリーズ専用のケースを採用。取り外し可能なハードディスクベイを採用し、メンテナンス作業をスムーズに行えるようにした。また、CPUやHDDなどのカスタマイズにも対応する。

 「Prime Galleria ZX GTX275 モデル」は、CPUにCore i7-920(2.66GHz)を採用し、3GBメモリ、1TBのHDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。OSはWindows XP Home Edition。価格は13万9980円。

 「Prime Galleria QX GTX275 モデル」は、CPUにCore 2 Quad(3GHz)を採用し、4GBメモリ、1TBのHDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。OSはWindows XP Home Edition。価格は11万9980円。