オンキヨーは3月27日、パソコン用スピーカーの最上位モデルとして、ピュアオーディオスピーカーと同等の機能を搭載した「GX-500HD」を4月10日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。

 最新の高精度パルス幅変調方式「VL Digital」技術を採用したアンプを搭載。デジタルアンプのパワーを最大限に引き出し、原音に忠実な再生ができるパソコン用スピーカーの最上位モデル。


 質感のある豊かな低音を再生する「10cm A-OMFモノコックウーファー」や、ヴォーカル帯域の細やかなニュアンスまで再現する「3cmリングツィーター」を備えたほか、高級スピーカー同様の強固なキャビネット構造で音質に影響する振動をシャットアウトする。


 最大出力は40W+40Wで、周波数特性は50Hz-100kHz。端子は、入力がデジタル×1、アナログ×2、出力がサブウーファー×1、ヘッドホン×1。本体サイズは、アンプ内蔵の右側が幅169×高さ263×奥行き240mm、重さ6.4kg、左側が幅169×高さ263×奥行き215mm、重さ4.3kg。

adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111363');