NTTドコモは3月19日、使いやすさを重視した富士通製のシニア向け携帯電話「らくらくホン」シリーズの最新モデル「らくらくホン ベーシックII」を、4月に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後の見込み。

らくらくホン ベーシックII

 「手になじんだ石けん」をイメージし、全体に丸みを帯びたデザインを採用。オートフォーカス機能付きの、有効約200万画素のカメラを新たに搭載した。また、輝度が従来モデルの約1.5倍の2.4インチ液晶を搭載し、40ドットの大きな文字を表示できるなど、画面の見やすさに配慮した。

 そのほか、周りが騒がしくても相手の声がはっきり聞きやすい「スーパーはっきりボイス2」、相手の声がゆっくり聞こえる「ゆっくりボイス」機能などを備える。キー操作だけでなく、声でもメールを作成できる「音声入力メール」にも対応する。

 カラーはメタルシルバー、イブニングブルー、ロゼ、レッド。本体サイズは高さ105×幅51×厚さ19.5mm、重さ約110g。