春に人気!! 20V型以下の小型液晶テレビランキング

特集

2009/03/19 17:50

 ここ数年、春は、20V型に代表される、小型液晶テレビに人気が集まる傾向が続いている。3月をピークに2-4月にかけて、液晶テレビ全体の販売台数に占める20V型以下の構成比は、他の月よりも最大で1割程度上昇。ひとり暮らしを始める人々などの新生活需要が後押ししているようだ。そこで今回は、画面サイズが20V型以下の小型液晶テレビに焦点を当て、最新の売れ筋を紹介しよう。

20V型以下の小型液晶テレビ シリーズ別ランキング トップ10
順位 メーカー名 品名 型番 画面サイズ
1 シャープ AQUOS LC-20D30 20V型
2 シャープ AQUOS LC-20E5 20V型
3 ソニー BRAVIA KDL-20J1 20V型
4 ディエックスアンテナ DXブロードテック LVW-192 19V型
5 パナソニック VIERA TH-17LX8 17V型
6 パナソニック VIERA TH-L20C1 20V型
7 シャープ AQUOS LC-20D50 20V型
8 パナソニック VIERA TH-L17C1 17V型
9 三菱電機 REAL LCD-19MX30 19V型
10 パナソニック VIERA TH-20LX80 20V型

BCNランキング」 09年3月9日-3月15日 週次 <最大パネル>


 3月第2週(09年3月9日-3月15日)の「BCNランキング」で、20V型以下の液晶テレビに限って集計した。なお、同じ画面サイズのカラーバリエーションは合算している。


 1位は、シャープの08年2月発売の20V型「LC-20D30」で、販売台数シェアは19.3%を占めた。ブラック、ホワイト、レッド、ベージュ、グリーンの計5色のカラーバリエーションを揃えている。2位も同じくシャープの20V型「LC-20E5」で、シェアは17.5%。発売は08年9月で、「LC-20D30」との違いは、HDMI端子の数やスピーカーの性能など。本体カラーもブラックのみとなっている。


シャープの20V型「LC-20D30」


 3位は、ソニーの20V型「KDL-20J1」で11.4%。発売は08年3月で、カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、レッド、ブラウンの4色。

 1位から3位までは、いずれも昨年発売の旧モデルだが、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを搭載し、1366×768の標準ハイビジョンに対応。大画面テレビに比べると、迫力には欠けるかもしれないが、実用性は十分だ。また、いずれも税抜きの平均価格(以下、平均価格)は5万5000円前後。今年2-3月にかけて発売された、同じ画面サイズの新製品よりも安価だ。

 4位は、ディエックスアンテナの19V型「LVW-192」で、シェアは6.3%。カラーバリエーションは、ブラック、シルバー、レッド、ホワイトの4色。発売は07年11月で、地上デジタルチューナーのみ搭載した地デジ専用モデル。そのため平均価格は約3万3000円と、かなり安い。


ディエックスアンテナの19V型「LVW-192」


 5位は、パナソニックの17V型「TH-17LX8」で3.8%。発売は08年2月。カラーバリエーションは5色で、シルバー、ホワイト、ピンクゴールド、レッド、ブルーを揃えている。4位の「LVW-192」と同じくチューナーは地上デジタルのみ。平均価格は約3万6000円。


パナソニックの17V型「TH-17LX8」


 1位をはじめ、トップ10に6製品がランクインするなど、小型液晶テレビのなかでは、20V型が一番人気だ。20V型以下の液晶テレビ全体の販売台数に占める割合も65.5%と、圧倒的多数を占める。次に11.5%で19V型、8.9%で17V型が続く。

 こうした小型液晶テレビは、カラーバリエーションが豊富で、スタンダードなブラック、シルバーのほかに、製品によっては、ホワイトやピンクなどの明るい色もある。価格も一番安い製品で、4、5万円台とかなりこなれてきている。ひとり暮らしを始める人だけではなく、寝室や子ども部屋などのパーソナルテレビとしても、選んでみてはどうだろうか。(BCN・田沢理恵)。



*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店からPOSデータを毎日収集・集計している実売データベースです。これは日本の店頭市場の約4割をカバーする規模で、パソコン本体からデジタル家電まで123品目を対象としています。

オススメの記事