ワコム、音楽分野に進出、第1弾は新しいスタイルのプロ用DJ機器

ニュース

2009/03/13 17:43

 ワコムは3月13日、全く新しい演奏スタイルを可能にするプロフェッショナル用DJインターフェイス機器「nextbeat(ネクストビート) NXT-1000」を開発したと発表した。今夏から日本・欧州で先行発売する予定。

nextbeat NXT-1000

 「NXT-1000」は、音楽制作やクラブで演奏を行うプロDJに最適化した、新しいタイプのユーザーインターフェース。操作にはパソコンを必要とせず、タッチセンサーによってコントロールされる2つの音源と、ミキサー、エフェクター、サンプラーで演奏する。音源は、USBケーブル経由でPCから本体のCFカードに取り込む。タッチセンサーには、同社の高度なセンシング技術を採用した。

 本体は30×30cmのレコードジャケットサイズ。取り外し可能な操作部にはワイヤレス通信機能が搭載され、本体から離れて自由な姿勢での演奏可能。DJブースに縛られず、フロアでの演奏を実現するという。


 同製品は、米マイアミで3月24日から28日まで開催される「Winter Music Conference」、独フランクフルトで4月1日から4日まで開催される「Musikmesse」にて初公開する予定。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111399');

オススメの記事