レノボ・ジャパンは3月10日、小型で低コストの企業向けデスクトップPCとして、「ThinkCentre A58 Tower」と「ThinkCentre A58 Small」を発売すると発表した。3月12日より出荷を開始する。なお、両シリーズともディスプレイは別売り。

ThinkCentre A58 TowerとThinkCentre A58 Small

 「ThinkCentre A58 Tower」は、幅175mm×奥行き442mm×高さ412mmのきょう体を採用したタワー型モデル。CPUはCore 2 Duo/Core 2 Quadから選択でき、メモリは4GBまで搭載可能。DVDスーパーマルチドライブのほか、BDドライブも選択できる。

 価格は、Core 2 Duo E7300(2.66GHz)、1GBメモリ、320GBのHDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載し、OSにWindows XP Professional SP3をプリインストールした最小構成モデルで8万4000円。

 「ThinkCentre A58 Small」は、幅317mm×奥行き355mm×高さ99mmの小型きょう体を採用したデスクトップPC。CPUはCeleron/Pentium Dual Core/Core 2 Duoから選択でき、メモリは4GBまで搭載可能。DVD-ROM、DVDスーパーマルチドライブも装備できる。

 価格は、CPUにCeleron 440(2.0GHz)、512MBメモリ、160GBのHDD、DVD-ROMドライブを装備し、Windows Vista Home Basic SP1をプリインストールした最小構成モデルで5万4600円。