プレアデスシステムデザイン(プレアデス、本橋幹夫代表取締役)は3月6日、風力と太陽光の2つから発電できるMINIWIZ社製のコンパクトな充電器「MW-PB01DX」を発売した。価格は8990円。

MW-PB01DX

 風力で発電する場合、手で持って行うほか、別売りのアームバンドやバイクホルダーでさまざまな場所に本体を取り付けて使うことも可能。腕に装着してジョギングをしたり、自転車のハンドルに取り付けて走ったりすれば、本体のファンが回転して発電する。別売りアクセサリーの価格は、アームバンドが2680円、バイクホルダーが1980円。

 一方、太陽光の場合は、同梱のミニソーラーパネルを本体に接続して使用する。このほか、付属のハンドルを使えば手動での発電も可能。PCのUSBポート経由やACアダプタでも充電できる。

 接続できる機器は、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3キャリアの携帯電話、iPodとiPhone、デジタルカメラ、PSP、ニンテンドーDS Liteなどの携帯型ゲーム機。同梱する各種アダプタを使って接続する。サイズは13.5×8.4×3.5cm、重さは100g。カラーはブラック、ホワイト、グリーン。