シャープは3月4日、BDレコーダーの新製品4機種を3月27日から順次発売すると発表した。価格はオープン。ラインアップと実勢価格は、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2基搭載し、HDD容量が1TBの「BD-HDW40」が21万円前後、500GBの「BD-HDW35」が16万円前後、320GBの「BD-HDW32」が13万円前後。同チューナーを1基搭載しHDD容量が320GBの「BD-HDS32」が10万円前後の見込み。

(上段)BD-HDW40とBD-HDW35、(下段)BD-HDW32とBD-HDS32

 デジタル放送の画質をそのまま記録する「DRモード」と比べて7倍の長時間録画が可能な「フルハイビジョン高画質7倍録り」機能を搭載。容量50GBの2層式BDなら、フルハイビジョン映像を約30時間20分録画できる。「BD-HDW40」「BD-HDW35」「BD-HDS32」の3機種は、「AVCHD方式」のデジタルビデオカメラとUSBケーブルで接続すれば、映像を内蔵HDDに取り込める。

 このほか、事前に予約情報をBD-REに書き込み、同社のBDレコーダー内蔵液晶テレビ「AQUOS(アクオス)」に挿入すれば、同テレビで予約録画できる「BDディスク予約」機能に搭載。対応モデルと組み合わせた場合、再生する映像の種類に応じて「AQUOS」の画質が最適になるよう自動で調整する新「AQUOS純モード」も備える。さらに、BDソフトの映像本編と同時に、子画面で特典映像を楽しめる「BONUSVIEW」に対応し、「BD-HDW40」「BD-HDW35」「BD-HDS32」は「BD-LIVE」にも対応する。 adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111375');