ソニーは3月2日、5.1ch対応などラック型のサラウンドシステム3機種を4月24日から順次発売すると発表した。価格はオープン。対応するテレビのサイズと実勢価格は、32-40V型用「RHT-G550」が8万円前後、32-46V型用「RHT-G950」が11万円前後、40-55V型用「RHT-G1550」が15万円前後の見込み。

(上段から)RHT-G550、RHT-G950、RHT-G1550


 いずれもフルデジタルアンプと前方のスピーカーだけでサラウンド環境を構築するスピーカーシステムを内蔵する。テレビと組み合わせて使用すれば、迫力ある音声で映像を楽しめる。同社の液晶テレビ「ブラビア」の「ブラビアリンク」に対応し、テレビのリモコンで音声出力の切り換えや、ボリュームの調節、電源のオフが可能。


 チャンネル数は「RHT-G550」が3.1chに対応。一方、5.1chに対応する「RHT-G950」「RHT-G1550」は、ソニー独自の「S-Force PROフロントサラウンド」とフルデジタルアンプ「S-Master」を搭載し、高音質を実現する。実用最大出力は「RHT-G550」が330W、「RHT-G950」が470W、「RHT-G1550」が550W。


 なお、「RHT-G550」「RHT-G950」は本体の背面部分2カ所を斜めにカットしたデザインを採用。部屋の角に奥行きを押さえて設置できる。本体の移動がしやすいようキャスターも付属した。

adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111380');