キヤノン、アオリ撮影が可能なEOSシリーズ用の交換レンズ2機種

ニュース

2009/02/18 17:37

 キヤノンは2月18日、同社の一眼レフカメラ「EOSシリーズ」用の交換レンズで、アオリ撮影が可能な「TS-Eレンズシリーズ」の新製品として「TS-E24mm F3.5L II」と「TS-E17mm F4L」を5月下旬に発売すると発表した。

「TS-E24mm F3.5L II」と「TS-E17mm F4L」

 いずれも、レンズの光軸を傾けるティルト機能と、レンズの光軸を平行に移動するシフト機能の2つの機能を搭載。光軸とCMOSセンサーなど撮像面の関係を操作し、遠近感やピント位置をコントロール、カメラの位置を固定したまま構図を変化させられる「アオリ撮影」をすることができる。

 ティルト部を基準位置で固定するティルトロック機構を備えるほか、独自の特殊コーティング「SWC」により、フレアやゴーストを抑制。また、レンズを左右90度に回転できるレボルビング機構や、自然なボケ味が得られる円形絞り羽根を採用した。

 「TS-E24mm F3.5L II」は建築物の外観や内部の装飾、風景撮影に適しており、レンズ構成は11群16枚、重さは780g。価格は25万円。

 一方、「TS-E17mm F4L」はより広角域に対応し、レンズ構成は12群18枚、重さは820g。価格は29万5000円。 adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111366');

オススメの記事