シャープ、業界初ブロードバンド機能搭載の太陽光発電用カラー電力モニタ

ニュース

2009/02/12 13:10

 シャープは2月10日、国内太陽光発電システムとして業界初の「ブロードバンド通信機能」を搭載し、「グリーン電力証書取引」に対応するカラー電力モニター「JH-RWL1」を4月1日に発売すると発表した。価格は10万800円。

 太陽光発電システムの発電、消費、売買電力量などの運転状況は従来、システムのモニター上で確認する仕組みだが、同社は今回発表した「JH-RWL1」で、業界初の「ブロードバンド通信機能」を搭載、液晶テレビAQUOS」やパソコンなどのWebブラウザ機能でも確認できるようにした。

 リビングや書斎などで自家発電の状況を確認したり、パソコンで発電データをもとに家庭のCO2排出量を算出するなど、家族で「太陽光発電ライフ」を楽しめるという。

 4月1日から、同社のモニタリングセンターと、顧客の太陽光発電システムの電力量データをブロードバンドでつなぐ「Webモニタリングサービス」を開始。システムの状態診断と環境貢献度などの「発電診断レポート」や、運転開始時からの履歴データなどをいつでも閲覧できる。また、対応する携帯電話からも確認できる。

 「Webモニタリングサービス」を活用することで、太陽光や風力などの自然エネルギーが発電した電力の持つ環境価値を証書化し、第三者が購入できるようにする「太陽光発電によるグリーン電力証書取引」が本格化した際に、簡単に証書取引に参加できる。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111375');

オススメの記事