パナソニックは1月28日、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズで、初めて防水・防塵性能を備えた「LUMIX DMC-FT1」と、光学12倍ズームレンズを搭載した「LUMIX DMC-TZ7」を3月6日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は両モデルとも4万7000円前後の見込み。

海や雪山に持っていける、防水・防塵性能を備えたタフモデル



LUMIX DMC-FT1

 「DMC-FT1」は、「LUMIX」シリーズで初めて防水、防塵、耐衝撃構造を採用したコンパクトデジタルカメラ。3mの防水機能と、高さ1.5mからの落下試験をクリアする耐衝撃構造を備え、マリンスポーツやウィンタースポーツなどアウトドアシーンで使用できる。

 撮影シーンをカメラが自動で判別し、状況に応じて最適な設定を行う「おまかせiAモード」に加え、よく撮影する人の顔を自動で認識する「個人認識」機能を新たに搭載。同じ人物を何度が撮影すると、カメラがその人物を認識し、登録を促すほか、メニュー操作から撮影前に登録することも可能。人物の名前を登録できるほか、年齢の入力も可能で、3歳未満を赤ちゃんと認識し、撮影時には赤ちゃんモードに自動的に切り替わる。

 このほか、世界で初めてAVCHD Lite動画撮影機能を搭載し、1280×720のハイビジョン画質で、長時間の動画撮影を実現した。撮影モードは「AVCHD Lite」のほか、「QuickTime Motion JPEG」も選択可能で、用途に合わせて切り替えることができる。

 有効画素数は1210万画素で、広角28mmから128mm(35mmフィルムカメラ換算)の光学4.6倍ズームレンズを搭載する。また、光学式手ブレ補正機構も内蔵する。感度はISO80-1600で、記録メディアはSD/SDHCメモリーカード。本体サイズは幅98.3×高さ63.1×奥行き23.0mm、本体のみの重さは約163g。カラーは、サンライズオレンジ、フォリッジグリーン、ソリッドシルバーの3色。

広角25mm、光学12倍ズームレンズを搭載した広角-望遠モデル



LUMIX DMC-TZ7

 「DMC-TZ7」は、35mmフィルムカメラ換算で広角25mmから300mmの光学12倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ。ライカの「DC VARIO-ELMAR(バリオ・エルマー)レンズ」を採用し、歪曲・解像度・ゴースト・フレアなどの各要素において優れたレンズ性能を発揮するという。

 「DMC-FT1」と同様、「おまかせiAモード」、「個人認識」、AVCHD Lite動画撮影機能を搭載する。このほか、指定した被写体に自動でピントや露出を合わせ続ける「追っかけフォーカス」、画面全体の中から暗い部分だけを部分的に明るく自動補正する「暗部補正」、全自動「逆光補正」も搭載する。

 有効画素数は1010万画素で、光学式手ブレ補正機構を内蔵したレンズを採用する。感度はISO80-1600で、記録メディアはSD/SDHCメモリーカード。本体サイズは幅103.3×高さ59.6×奥行き32.8mm、本体のみの重さは約206g。カラーはブラック、シルバー、ブラウンの3色。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111389');