パナソニックは1月28日、デジタルカメラ「LUMIX」のコンパクトデジタルカメラ新モデルとして、有効1210万画素の「DMC-FX40」「DMC-FX550」「DMC-FS25」、有効810万画素の「DMC-FS6」「DMC-LS85」の5機種を、2月20日に発売すると発表した。価格はすべてオープン。

 全機種で顔認識機能を備えるほか、顔と夜景・風景、マクロなど、よく撮る5つのシーンを瞬時にカメラが認識し、最適な設定で撮影できる「おまかせiA」機能を搭載。フラッシュの発光を調節して赤目を発生しにくくするのと同時に、起こってしまった赤目も検出してデジタル処理で補正する。外部メモリはSDHC/SDカード、マルチメディアカードに対応する。

 「DMC-FX40」と「DMC-FX550」は、35mmフィルムカメラ換算で25-125mmの光学5倍ズームレンズを備える。登録した人の顔に優先的にピントと露出を自動で合わせる「個人認識」機能を新たに搭載。また、1280×720画素のHD画質で、30コマ/秒の動画を撮影できる。内蔵メモリは約40MB。

DMC-FX40

 「DMC-FX40」は、2.5型の液晶モニタを搭載。カラーはプレシャスシルバー、エクストラブラック、スイートピンク、フレッシュレッド、グロスゴールドの5色。実勢価格は4万円前後の見込み。

DMC-FX550

 「DMC-FX550」は、3.0型のタッチパネル液晶を搭載。画面をタッチして、選んだ被写体にピントや露出を自動で合わせることができる。また、AFモードやホワイトバランスなど、よく使う撮影メニューをタッチ操作で設定できるようにした。カラーはギャラクシーブラック、ストーンシルバー、プレシャスゴールドの3色。実勢価格は4万3千円前後の見込み。

 「DMC-FS25」「DMC-FS6」「DMC-LS85」は、848×480画素で30コマ/秒の動画撮影が可能。内蔵メモリは約50MB。

DMC-FS25

 「DMC-FS25」は、35mmフィルムカメラ換算で29-145mmの光学5倍ズームレンズと、3.0型の大画面液晶を搭載する。晴れた屋外でも、夜間でも常に液晶画面が見やすいよう、周囲の明るさに合わせて液晶のバックライトの明るさを自動調節する「オートパワーLCD」機能を備える。また、液晶画面に表示されるメニューのアイコンのサイズが従来に比べて大きくなり、メニュー項目も5個から4個へ大きく設定できる「拡大表示」機能を搭載する。カラーはシルバー、ゴールド、ブラックの3色。実勢価格は3万6千円前後の見込み。

DMC-FS6

 「DMC-FS6」と「DMC-LS85」は、35mmフィルムカメラ換算で33-132mmの光学4倍ズームレンズと、2.5型の液晶モニタを搭載。

DMC-LS85

 「DMC-FS6」のカラーはシルバー、ブルー、ピンクの3色。実勢価格は2万8千円前後の見込み。「DMC-LS85」は、電源に単3形乾電池を採用。アルカリ乾電池で約270枚、ニッケル水素電池で約550枚の撮影ができる。カラーはシルバーのみ。実勢価格は2万2千円前後の見込み。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111389');