カシオ計算機は1月22日、電子辞書「エクスワード」の新製品として、16種類の中国語コンテンツを収録した「XD-GF7350」を、2月20日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は4万7千円前後の見込み。

 親字1万5312語・熟語約10万語の情報量を誇る中中辞典「現代漢語大詞典」や、科学・経済・法律をはじめ多彩な分野の専門用語を網羅した中英辞典「漢英大辞典」、見出し語約22万語を収録し文法や用法も充実した英中辞典「英漢大詞典」の中国語大辞典3種類を含む、16種類の中国語コンテンツを収録。

 そのほか、標準語・上海語・広東語・台湾語のネイティブ発音が聞ける中国語会話集を収録する。

 手書きパネルに加えて、メインパネルもタッチ操作に対応する「ツインタッチパネル」を搭載。さらに、メインパネル右側には、使用頻度の高い「コンテンツ間のジャンプ」、「コンテンツの選択」などを、タッチ操作で実行できる「クイックパレット」を備える。

 本体の傾きを検知するアクションセンサーを内蔵し、ボディを縦方向に持てば、PC経由で取り込んだテキストデータなどを「ブックスタイル表示」で読むことができる。また、画面を左右に傾けることでページ送りも可能。ボディを相手側に傾ければ、10か国語旅行会話集の例文を相手側に向けて表示することもできる。

 合わせて、「クイックパレット」と「アクションセンサー」を搭載した電子辞書6モデルを2月20日から順次発売する。ラインアップと実勢価格は、フランス語モデル「XD-GF7250」、ドイツ語モデル「XD-GF7150」が4万7千円前後、ロシア語モデル「XD-SF7700」、韓国語モデル「XD-SF7600」、スペイン語モデル「XD-SF7500」、イタリア語モデル「XD-SF7400」が4万円前後の見込み。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111365');