オンキヨーは1月22日、SOTECブランドのミニノートPC「SOTEC C1シリーズ」の09年春モデルとして、「SOTEC C102シリーズ」を1月下旬から発売すると発表した。価格はオープン。ラインアップと実勢価格は、Office搭載モデルが7万4800円前後、非搭載モデルが5万4800円前後の見込み。

SOTEC C102シリーズ

 10.1型ワイドの液晶モニタと、キーピッチ17.5mmのキーボードを搭載し、B5ノートパソコンと同様の感覚でキーボード操作が行える。本体天板のテクスチャデザイン、パームレスト部分のUVコーティングなど、キズに強く、高級感のあるデザインを施した。

 主な仕様は、CPUがインテル AtomN270(1.60GHz)、メモリ1GB、HDD容量160GBで、OSはWindows XP Home Edition。130万画素のWebカメラやIEEE802.11n ドラフト2.0に準拠した無線LANなども備える。

 インターフェイスは、5種類のメディアに対応するカードスロットのほか、USB2.0×3、ミニD-Sub15ピンなど。駆動時間は約2.5時間。本体サイズは幅265×奥行き185×高さ31mmで、重さ約1.2kg。本体カラーはリッチブラックとプラチナシルバーの2色。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111363');