ビズソフトは1月15日、08年12月に発売した「ツカエル会計 2009」「ツカエル青色申告 2009」の2タイトルを、1月20日にバージョンアップすると発表した。

(左から)「ツカエル会計 2009」「ツカエル青色申告 2009」

 今回のバージョンアップは、「ツカエル会計 2009」および「ツカエル青色申告 2009」で作成した決算書データを、NTTデータの電子申告ソフト「電子申告の達人2009(個人納税者用)」に取り込むことが可能になるというもの。これにより、日々の帳簿付け(仕訳・記帳)や所得税、確定申告、決算書作成から電子申告までをスムーズに連携することができる。

 また、「ツカエル会計 2009」では、新たに「電子帳簿保存機能」を追加。国税関係帳簿書類の保存方法に関する法律「電子帳簿保存法」に対応した。データ新規作成時や年次更新時に、訂正・削除の履歴確保の選択ができるだけでなく、訂正・削除の履歴確認も可能になる。

 バージョンアップは、「基本使用サービス(サポート&サービス)」が有効で、「ツカエル会計 2009」「ツカエル青色申告 2009」のユーザー登録が済んだ人を対象に実施する。