ソフトバンクモバイルは1月9日、携帯電話の累計契約数が09年1月1日に2000万件を突破したと発表した。


 ソフトバンクは、06年にボーダフォンを買収。累計契約数は、06年12月1549万件、07年12月1761万件、08年12月1999万件と推移していた。

 契約数が増加している背景について、携帯電話事業に参画して以来、基本戦略として掲げてきた「4つのコミットメント」である「3Gネットワークの増強」「3G端末の充実」「コンテンツ強化」「営業体制/ブランド強化」すべてについてスピードをもって取り組み、徹底して継続的に取り組んだ結果と説明。

 なお、08年11月には、07年1月に導入した料金プラン「ホワイトプラン」の申込件数が1500万件を突破したと発表している。