パナソニックは1月6日、HDD搭載DVDレコーダー「ハイビジョンDIGA(ディーガ)」の新シリーズとして、「DMR-XP15」とVHS一体タイプ「DMR-XP25V」の計2機種を、2月1日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は「DMR-XP15」が7万5000円、「DMR-XP25V」が10万円前後の見込み。

(上から)DMR-XP15、DMR-XP25V

 2機種ともに、「アドバンスドAVCエンコーダー」を搭載し、MPEG-4 AVC/H.264での記録モード(HLモード)で録画すれば、HDDにフルHD画質のまま最大5.5倍の長時間録画ができる。4.7GBのDVDメディアには、約2時間10分のフルHD録画が可能。また、トランスコード記録に対応し、放送時のAAC音声のまま記録することができる。

 そのほか、録画した番組をSDカードに書き出して、ワンセグテレビ「ビエラ・ワンセグ」や、ワンセグ対応の携帯電話で視聴できる「ワンセグ持ち出し」に対応する。2機種ともHDD容量は250GBで、デジタルチューナー×1、出力端子にHDMI端子×1、D端子×1、S映像端子×1、映像端子×1などを備える。本体サイズは、「DMR-XP15」が幅430×高さ59×奥行244mm、重さ3.3kg、「DMR-XP25V」が幅430×高さ93×奥行335mm、重さ約6.5kg。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111389');