パナソニックは12月24日、USBモバイル電源「ポケパワー(BQ-600)」で4件の発熱事故が発生していたと発表した。いずれも火傷などの人的被害はない。

 07年6月から08年1月に製造した「BQ-600」で、07年に1件、08年に3件の発熱事故が発生。これまでに、人的被害には至っていないが、発熱による火傷などの事故防止のために、無料で代替品と交換する。

 リコール対象機種は、07年6月から08年1月までに出荷した「BQ-600」15万1570台。ユーザーには直ちに使用を中止し、乾電池、充電池を取り外すよう呼びかけている。