マイクロソフトは12月19日、Webカメラを利用してビデオメッセージが送れる「Windows Live Video Messagesサービス」と、同サービスをPCのデスクトップから簡単に利用できる「LifeCam Video Messagesガジェット」の提供を開始した。利用は無料。

Windows Live Video Messagesサービス

 「Windows Live Video Messagesサービス」は、同社が提供する総合オンラインサービス「Windows Live」ユーザー向けの動画メッセージ送信サービス。「Windows Live ID」を持っているユーザーであれば、Webカメラを使って撮影した動画メッセージを、「Windows Live ID」もしくは、任意のメールアドレス宛てに最長2分、最大7人まで送ることができる。

 受信されたメッセージは、受信者が「Windows Live ID」を持っている場合は何度でも、持っていない場合でも1度だけ表示することが可能。メッセージは最大2GBまで同サービスのポータルサイト上に保存され、送信者は受信者がメッセージの転送・保存ができないように管理できる。対応OSはWindows Vista/XP。

 一方、「LifeCam Video Messagesガジェット」は、同社のWebカメラ「LifeCam」と同時に使用するガジェット。インストールすると、PCのデスクトップから直接ビデオメッセージの録画や送信、表示、管理が可能。対応OSはWindows Vista。