イーフロンティアは、楽譜作成ソフトの新版「Finale 2009」を09年1月23日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は6万3000円前後の見込み。なお、通常版のほか、アカデミック版や複数ライセンス版もラインアップする。

 強弱、テンポ、リハーサルマークなどの記号の選択や入力、配置作業が簡単に行えるのが特徴。入力後は記号をドラッグするだけで位置を移動できる。また、モニタ上に見えるページすべてを編集できるようになった。ページをまたぐ小節間のコピー&ペースト、スラーの入力などが可能。作成した楽譜を演奏できる再生ソフト「Garritan Aria Player」も備える。

 このほか、従来製品と同様、音符の入力はマウスクリック、ステップ入力、MIDIキーボードでの入力、マイク入力などさまざまな方法に対応する。譜面はピアノ、オーケストラスコアなど複数のジャンルの表記に対応する。対応OSはWindows VistaとMac OS X 10.4以降。