日本ソフト販売(中川基代表取締役)は、はがき作成ソフト「宛名ガキ大将Ver.14」と、年賀状作成ソフト「年賀状大先生2009」に「写録宝夢巣Ver.12」をセットした「年賀状大先生2009セット」の2製品を、10月14日に発売する。価格は「宛名ガキ大将Ver.14」が6090円、「年賀状大先生2009セット」が7980円。ともに対応OSはWindows Vista/XP/2000。

 「宛名ガキ大将」は、約5000点の豊富なイラストを使って、さまざまなポストカードを簡単に作成することが可能。全国約3200万件の個人・法人の最新電話帳データベースを収録し、電話番号から住所・氏名を瞬時に検索して簡単に住所録を作成できるため、効率的な宛名入力が行える。「アドレス帳管理」や「データ漏えい・不正アクセス・改ざん防止」機能を搭載するほか、QRコードにも対応。はがき作成のほか、封筒やラベル印刷、名刺作成、のし印刷、グリーティングメール作成なども行える。地図ソフト・路線検索ソフトとの連携も可能。

 今回の最新版では、「電話帳データベース」の最新版データを収録したほか、市区町村合併などで変更された住所・郵便番号の一括変換機能も搭載。連携地図に「プロアトラス SV4、Super Mapple Digital Ver.9」を追加した。

 「年賀状大先生2009セット」は、操作が簡単な年賀状ソフト「年賀状大先生」と、名前から住所・電話番号を検索できる「写録宝夢巣Ver.12」のパッケージで、3000本の本数限定で販売する。「年賀状大先生」は、約5000点のイラストや毛書体フォント、全国約3000万件の個人・法人の最新電話帳データベースを収録。テンプレートの選択や音声解説に従って操作するだけで、簡単に年賀状を作成できる。作成したデータで年賀状メールを送ることも可能。「姓名判断」機能も搭載する。

 今回セットにした「写録宝夢巣Ver.12」は、たずね人の氏名を入力するだけで、全国電話帳の個人名約2300万人の中から、相手の電話番号と住所(番地まで)を瞬時に捜し出すほか、苗字ランキング・分布図で「自分の名前のルーツ」「同姓同名」なども調べられる。地図ソフト・路線検索ソフトとの連携も可能。