キヤノンは9月17日、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot」シリーズの「PowerShot G10」「PowerShot SX1 IS」「PowerShot SX10 IS」と、「IXY DIGITAL」シリーズの「IXY DIGITAL 3000 IS」「IXY DIGITAL 920 IS」を、9月20日から順次発売すると発表した。価格はオープン。

 全モデルとも新画像処理エンジン「DIGIC 4」を搭載。人物の顔をきれいに撮影する「フェイスキャッチテクノロジー」、ノイズの少ない高感度撮影を可能にする「ノイズリダクションテクノロジー」、光学手ブレ補正機能などを搭載する。

●RAWデータの記録もできる「PowerShot G10」

 07年9月に発売した「PowerShot G9」の後継機種。1470万画素のCCD、35mmフィルムカメラ換算で28-140mm相当の光学5倍ズームレンズを搭載する。液晶モニタのサイズは3.0型。RAWデータ記録に対応する。


 記録メディアはSDカード/SDHCカード/MMC/MMCplus/HC MMCplus。本体サイズは幅109.1×高さ77.7×奥行き45.9mmで、重さは350g。実勢価格は6万円前後の見込みで、10月下旬発売。

●1000万画素クラスの「PowerShot SX1 IS」「PowerShot SX10 IS」

 両モデルとも07年6月に発売した「PowerShot S5 IS」の後継機種。35mmフィルムカメラ換算で28-560mm相当の光学20倍ズームレンズを搭載する。記録メディアはSDカード/SDHCカード/MMC/MMCplus/HC MMCplus。

 「PowerShot SX1 IS」は、1000万画素のCMOSセンサー、2.8型液晶モニタを搭載する。1920×1080ピクセル、30fpsのフルHD動画撮影が可能。本体サイズは幅127.5×高さ88.3×奥行き87.7mmで、重さは585g。実勢価格は7万円前後の見込みで、12月に発売する。


 一方、「PowerShot SX10 IS」は、1000万画素のCCDを採用。液晶モニタは2.5型液晶。本体サイズは幅124×高さ88.3×奥行き86.9mmで、重さは560g。実勢価格は5万5000円前後の見込みで、10月中旬の発売。

●シャッタースピードや絞り値が変更できる「IXY DIGITAL 3000 IS」

 07年9月に発売した「IXY DIGITAL 2000 IS」の後継機種。1470万画素のCCD、35mmフィルムカメラ換算で36-133mmの光学3.7倍ズームレンズを搭載する。素早くシャッターを切れる「クイック撮影」や、シリーズ初のシャッタースピードや絞り値などの詳細な設定ができる「マニュアルモード」を備える。


 記録メディアはSDカード/SDHCカード/MMC/MMCplus/HC MMCplus。本体サイズは幅96.7×高さ62.2×奥行き27.9mmで、重さは160g。カラーはブラック、シルバーの2色。実勢価格は4万5000円前後の見込みで、発売は9月20日。

また、同社のコンパクトデジタルカメラの累計出荷台数が1億台を達成したのを記念して、「レッド」モデルを、「IXY DIGITAL 3000 IS プレミアムキット」として同社直販サイトで500台限定で販売する。

●薄型化を図ったスリムコンデジ「IXY DIGITAL 920 IS」

 07年9月に発売した「IXY DIGITAL 910 IS」の後継機種。1000万画素のCCDと、35mmフィルムカメラ換算で28-112mmの光学4倍ズームレンズを搭載する。3.0型のモニタ「クリアライブ液晶II」も装備する。また、従来機種から約2.3mmの薄型化を実現した。


 記録メディアはSDカード/SDHCカード/MMC/MMCplus/HC MMCplus。本体サイズは幅93.8×高さ56.8×奥行き23.6mmで、重さは155g。カラーはゴールド、シルバーの2色。実勢価格は4万円前後の見込みで、発売は9月20日。