パイオニアは9月11日、黒色の表現にこだわったプラズマテレビ「KURO(クロ)」シリーズの新モデルと、ブルーレイディスク(BD)レコーダーを、10月上旬より順次発売すると発表した。

 プラズマテレビは60V型の「KRP-600A」と50V型の「KRP-500A」を販売する。ともに水平1920×垂直1080のフルハイビジョン(フルHD)表示に対応。地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2基搭載する。10月下旬に発売し、価格は「KRP-600A」が94万円、「KRP-500A」が67万円。


 新製品はリセット放電を抑えることで、従来モデルに比べてパネルの黒輝度を約5分の1にまで低減。より引き締まった映像表現を実現した。画面への映り込みを低減し、照明の明暗に左右されずに安定した映像を表示する「新ダイレクトカラーフィルター」も採用した。

 また、画面に表示するコンテンツをパネルの複数エリアで分析し、最適な色合いやコントラストに調整する新「リビング」モードや、画質調整を行うユーザー自身で画面の色調整や画質補正が可能な「ディレクターモード」を搭載した。サウンド機能では、新開発の低歪率コイルやウーファーユニットを搭載し、よりクリアな音を追求した。

 2機種ともにディスプレイとチューナーを分離した設計を採用。そのため、最薄部で従来モデルの約半分の39mmというパネルの薄さを実現した。分離設計をすることで、設置の自由度と軽量化も図った。

 ディスプレイとチューナーを内蔵するメディアレシーバーとは、PCで使われているデジタル伝送規格に、パイオニアが開発した非圧縮式の技術を盛り込んだ独自規格のケーブルを使って接続する。HDMIや無線での接続には対応しない。

 同社製のBDプレーヤーやサラウンドシステムとHDMIケーブルで接続し、連携動作が可能なリンク機能「KURO LINK」も搭載。テレビのリモコンでレコーダーなどの再生や電源オン・オフなどが行える。

 BDレコーダーはHDD容量が1TB(テラバイト=1000GB)の「BDR-WD900」と500GBの「BDR-WD700」を10月上旬から発売する。価格はオープンで、実勢価格は「BDR-WD900」が28万円前後、「BDR-WD700」が18万円前後の見込み。


 地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2基搭載し、2番組の同時録画が行える。MPEG-4 AVC/H.264を使った映像圧縮技術を採用することで、約4.8MbpsのHEモードで従来の5倍の録画を可能にした。HEモードでは「BDR-WD900」で約450時間、「BDR-WD700」で約220時間のハイビジョン映像の録画ができる。

 そのほか、録画した番組の画面を28分割してインデックスで表示し、見たい番組を見つけやすくした「シーンビュー」機能、電源待機状態から約0.8秒でホームメニューを表示する「クイック起動」機能などを備える。「KURO LINK」にも対応する。

 発表会で、小谷進・常務取締役ホームエンタテイメントビジネスグループ本部長は「昨今、プラズマテレビの市場は急速に拡大しており、ユーザーのライフスタイルや求める製品価値も変化している。現在進めている、ディスプレイ事業の構造改革によって、パイオニアらしい独自の製品価値を提供していきたい」と話した。


 内藤一彦・ホームエンタテインメントビジネスグループ国内営業部長は「デジタル放送の普及や、DVDからBDへの転換など、高画質・高音質化への環境の変化は著しい。我々はこれをチャンスと捉え、以前から力を入れているホームシアターの提案を行い、このカテゴリでNo.1を目指したい」と意気込みを述べた。