富士フイルムは8月27日、コンパクトデジタルカメラ「FinePix Jシリーズ」で、光学5倍ズームレンズを搭載した「FinePix J150W」を、9月13日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は2万8000円前後の見込み。

 有効1000万画素のCCDを搭載し、レンズの焦点距離は35mmフィルムカメラ換算で28-140mm。フル画素でISO1600まで、300万画素でISO3200までの高感度撮影に対応し、手ブレと被写体ブレを抑える。

 「ブレ軽減モード」や「スポーツモード」「夜景モード」など、シーンに合わせて14種類の撮影モードの選択が可能。最大6人の被写体の顔を認識する顔検出機能「顔キレイナビ」を搭載。人の顔にピントを合わせて自動で露出調整するほか、赤目を自動的に補正する機能も搭載する。

 毎秒30フレームの動画撮影も可能。記録媒体は24MBの内蔵メモリと、外部メモリでSDメモリカード、SDHCカードを使用する。ディスプレイは23万画素の3.0型液晶で、100コマの画像を一覧表示することが可能。サイズは、幅92×奥行き22.6×高さ57.9mmで、重さが146g。