ロジテック(葉田順治社長)は8月27日、Bluetooth 2.1+EDRに対応した世界最小・最軽量クラスのBluetooth USBアダプタ「LBT-UAN01C1」を、9月上旬に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は1980円前後の見込み。

 EDRに対応し、Ver1.2規格の製品に比べてデータ転送速度が約3倍に向上したUSBアダプタ。Bluetooth 2.1+EDR対応機器との接続では、Bluetooth 2.0+EDRよりもペアリングの簡略化と省電力化が図れる。出力クラスは「Class1」に対応し、最大半径100mまで通信可能。USBバスパワーで駆動する。

 Windowsでは15種類のプロファイルに対応し、Bluetooth対応のヘッドセットやマウス、キーボードなどを最大で7台まで同時接続できる。Bluetooth搭載機器との接続や、接続状態の確認が簡単に行えるソフト「Bluetooth Stack for Windows by Toshiba」が付属する。対応OSはWindows Vista/XP/2000と、Mac OS X 10.2.6?10.5.2。「Class1」対応製品としては世界最小・最軽量クラスの幅12.0×高さ5.0×奥行24.0mm、重さ約6gを実現した。