富士通は8月20日、ノートPC「FMV-BIBLO」ブランドの08年秋冬モデル3シリーズ11機種を、8月22日から順次発売すると発表した。価格はすべてオープン。

●15.4型ワイド液晶を搭載した「NFシリーズ」、カラバリモデルも

 上位モデル「NF/B90D」「NF/B75D」、中位モデル「NF/B75」「NF/B70」、下位モデル「NF/B50」「NF/B40」の6機種を用意。中・上位モデルの4機種には、インテルの最新プラットフォーム「Montevina」を採用する。上位モデルの2機種は、地上デジタル放送の視聴に対応したテレビチューナーを搭載した。

 「NF/B90D」は、CPUにCore 2 Duo P8400(2.26GHz)、デュアルチャネル対応DDR3 PC3-8500の2GBメモリ、スーパーマルチドライブ機能対応のBlu-ray Discドライブを備える。実勢価格は、24万円前後の見込み。


 中位モデル「NF/B70」は、CPUのCore 2 Duo P8400(2.26GHz)と2GBメモリ、DVDスーパーマルチドライブを搭載。また、アーバンホワイト、ランプブラック、ルビーレッド、3色のカラーバリエーションを揃えた。実勢価格は、17万5000円前後の見込み。


 下位モデルの「NF/B40」は、CPUにCeleron 550(2GHz)、2GBメモリ、250GBのHDDを搭載する。実勢価格は14万円前後の見込み。


●モバイルタイプの「MGシリーズ」、14.1型モデルと13.3型モデルを用意

 14.1型ワイド液晶の「MG/B90」「MG/B75」と、13.3型ワイド液晶「MG/B70」の計3機種。上位モデルの「MG/B90」は、OSにWindows Vista Businessを搭載し、Windows XP Professionalダウンロード用のリカバリディスクを添付する。また、CPUはCore 2 Duo P8400(2.26GHz)、2GBメモリ、HDDは250GB。バッテリー駆動時間は約9時間で、スーパーマルチドライブ装着時の重さは約1.77kg。実勢価格は、24万円前後の見込み。


●12.1型ワイド液晶を搭載したビジネスタイプ「LOOX Rシリーズ」

 インテルの最新低電圧版プラットフォーム「Montevina-SFF」を採用した「B/A70」と「R/B50」の2モデルを用意。ともに、Core 2 Duo SU9300、GS45 Expressチップセット、2GBメモリ、250GBのHDD、IEEE802.11n ドラフト2.0対応の無線LANを搭載する。バッテリー駆動時間は、「B/A70」が約10.6時間、「R/B50」が約11時間で、ともに重さは内蔵バッテリパック(L)を搭載した状態で、約1.3kg。


 上位モデルの「B/A70」は、OSにWindows Vista Businessを搭載し、Windows XP Professionalダウンロード用のリカバリディスクを添付する。また、Bluetooth機能も備える。実勢価格は、「B/A70」が26万円前後、「R/B50」が24万円前後の見込み。